2017年10月14日

ユニコーンガンダム(デストロイモード)[メタリックグロスインジェクション]

>ユニコーンガンダム(デストロイモード)
       [メタリックグロスインジェクション]

<詳細レビュー記事はこちら!>

unicorn039c.jpg unicorn039d.jpg

【お勧め度】☆
【 俗 称 】ーーー
【 発売日 】2017年10月14日〜 ※ガンダムベース限定販売
【 定 価 】¥2,000(税別)
【販売方法】ガンダムベース東京、同ポップアップイベント会場限定販売
【部品注文】×
【パーツ数】本体:193 / 台座:1
【 外装色 】本体:ホワイトパールクリア / 台座:メタリックブルー
【サイコフレーム色】メタリックレッド
【ポリキャップ色】レッド
【 付属品 】
ビームマグナム、マグナム予備マガジン、ビームサーベルグリップ×4、
シールド(展開)、左右握り手、右銃持ち手、ビームサーベル刃×2
ガンダムベース台座

【 解説 】
ガンダムベース東京が入るお台場ダイバーシティ東京に
実物大ユニコーンガンダム立像が公開された直後の
2017年10月14日に発売された。

名前の通り全てのプラパーツが光沢のあるメタリック成形となっていて、
サイコフレームも珍しくクリア成形ではない
メタリックレッドとなっている。
これはHGUC No.134 バンシィのオレンジメタリックを
赤色に変えた感じとなっている。

白い外装はかつての劇場限定パールクリア
全く同じ成形色となっているので、
プレミアムバンダイで一度だけ再販されて以降手に入らない
ホワイトパールクリア外装がユニコーンモード共々
いつでも手に入るようになった事になるが、
今さら需要がある訳でも無い。

白い外装以外のパーツは一般販売されている
1号機チタニウムフィニッシュVer.と同じ色のメタリック成形で
劇場限定パールクリアが再現できるわけでもない。

加えて新規に用意された唯一のパーツである
ガンダムベースデザインの台座も
ただ上に載せるだけで固定できるものでは無い為、
来場記念品としてもやや微妙なうえに
台座分の価格¥216が上乗せされての定価販売となり、
ただ高いだけで本当にウリと呼べるセールスポイントが全く無い。

メタリックレッドのサイコフレームは割りかしキレイではあるが、
やはりその為に買うには割高感が高すぎる。

なお、ガンダムベース限定ガンプラ全てに共通する事だが、
GFT限定ガンプラの時のような部品注文はできなくなっていて
イベント限定ガンプラと同じ部品交換にのみ対応している。
posted by ろあの〜く。 at 00:00| 1号機ユニコーン