2016年06月19日

フルアーマーユニコーンガンダム(デストロイモード)レッドカラーVer.

>HGUC No.199 フルアーマーユニコーンガンダム
  デストロイモード / レッドカラーVer.


unicorn035c.jpg unicorn035d.jpg【お勧め度】☆☆☆☆
【 俗 称 】レッドカラー
【 発売日 】2016年06月18日
【 定 価 】¥3,400(税別)
【販売方法】一般販売
【部品注文】◯
【パーツ数】370
【 外装色 】アイボリー
【サイコフレーム色】蛍光クリアレッド
【ポリキャップ色】レッド
【 付属品 】
ハイパービームジャベリン(展開)×1、ハイパービームジャベリン(収納)×1、
ビームマグナム、マグナム予備マガジン、シールド(展開)×3、シールド(格納)、
サーベルグリップ×4、ビームサーベル刃×2、ハイパーバズーカ(FA用)×2、
対艦ミサイル×2、ハンドグレネード×24、ビームガトリングガン×6、
大型ブースター×2、ブースター用簡易スタンド×2、FA用増設フレーム、
シールドファンネル用展示台座×3、左右握り手、右銃持ち手

【 解説 】
2016年4月より再編集TV版が放送されたのに合わせて
TV版新規オープニング映像に登場する
新規マーキングのフルアーマーユニコーンガンダムを
クリアレッドのサイコフレームで商品化。

発売告知当初はただ単にHGUC No.178のサイコフレームを
No.100やフェネクスtypeRCと同じクリアレッドに変更し
雑誌付録やお台場セットに付属のハイパービームジャベリンと
TV版OPの新規デザインのマーキングシールを付けただけと思われていたが、
実際に発売されたものは、ほとんどの成形色が
過去のHGUCユニコーンガンダムで採用されていない新規色に変更されていたうえに、
サイコフレームはブラックライトにも強く反応する明るい蛍光色となっていた。

このサイコフレームは成形色そのものが
セブンイレブンカラーと同じ蛍光色となっている為、
ブラックライトを照射しなくても
室内照明や太陽光等でも端部が強く発光して見える。
HGUCではパールクリアVer.のラメ入りクリアピンクも
ブラックライトに反応するが、こちらは蛍光色ではない為
ブラックライトを用いないと光って見えない。

今回新たにクリアレッド成形の可動式シールドファンネルが組めるようになったが、
レッドメッキフレームのメッキを剥がした成形色状態とは色合いが異なり、
一般販売である事とブラックライトに反応する事、
ブラックライトを使用しなくても暗い外装に負けにくい
明るい蛍光クリアレッド成形である事や、
ユニコーンガンダム本体の成形色がほとんど新規色になっている等、
予想外の良ポイントが多かった点は評価に値する。

過去のHGUCユニコーンガンダムシリーズと同じ成形色の部位は、
Aランナーの黄色(アンテナ)、紺色(バックパック・スリッパ)、
WAランナー(ミサイル・グレネード弾頭)、
WB1・WB2ランナー(フルアーマー武装全て)、
WC1・WC2ランナー(フルアーマー懸架フレーム等)、
WFランナーのグレー(シールドファンネル台座)、
サーベル・ジャベリンのビームエフェクトパーツ、ポリキャップ。

上記以外は全てこのキットで初採用の新規成形色となっている。
ハイパービームジャベリンのグレーもガンダムUCエース付属のものと
とてもよく似ているが、若干こちらの方が茶色がかっている。

AランナーとDランナーのグレーはNo.100通常版とバンシィの中間の色合い。
No.178フルアーマー緑は紫がかっているが、こちらはダークグレーとなる。
白い外装はアイボリー系の暖色系となっていて、
恐らく赤いサイコフレームの燐光に合わせたアニメイメージと思われる。
成形色としては、MGガンダムVer.Kaのホワイトに近い、所謂カトキホワイト。

今回の新規マーキングデザインはバンシィ、フェネクスと
3機共通デザインになっている為、
同じオープニング映像に登場するバンシィ・ノルンが
グリーンフレームの一般販売で商品化される可能性はある。
posted by ろあの〜く。 at 00:00| 1号機ユニコーン