2014年05月31日

ユニコーンガンダム(デストロイモード)メッキフレーム/メカニカルクリアVer.

>ユニコーンガンダム(デストロイモード)
  メッキフレーム/メカニカルクリアVer.

<詳細レビュー記事はこちら!>
unicorn026a.jpg
【お勧め度】☆☆☆☆☆
【 俗 称 】メッキフレーム
【 発売日 】2014年5月31日(劇場限定/販売終了)
【 定 価 】¥2,600(税込)
【販売方法】劇場限定販売
【部品注文】×
【パーツ数】191
【 外装色 】無色透明
【サイコフレーム色】つや消しシルバーメッキ(下の成形色は無色透明)
【ポリキャップ色】グレー
【 付属品 】
ビームマグナム、マグナム予備マガジン、ビームサーベルグリップ×4、
シールド(展開)、左右握り手、右銃持ち手

【 解説 】

episode7の3種類の週替り劇場限定ガンプラのうちの第3弾。
これまでユニコーンガンダムのサイコフレームといえば
カラークリア成形かメタリック成形が通例であったが、
今回は珍しくつや消しシルバーメッキとなっている。
これに無色透明のクリア成形となる外装と組み合わされている。

これは近年ガンダムアストレイ等でよく使われているネタの応用だが、
同じように色んなカラバリのあるフレームのガンダムとはいえ、
アストレイとはフレームの意味合いが大きく異なるユニコーンガンダムでは、
アストレイのようにはいかなかったようなきらいもある。
とはいえこれは、無色透明の外装とつや消しシルバーメッキのサイコフレームが合わないだけで、
つや消しシルバーメッキのサイコフレームそのものは
デストロイモードの未発動状態の再現にピッタリの色調であり、
それは発売前にUC公式Twitterがネタとして紹介するほど。
このサイコフレームを1号機やバンシィ等へ流用すれば、
劇中で見られたサイコフレームが輝いていないデストロイモードを再現できる。

だがしかし、劇場での販売数はバンシィ・ノルンNT-Dクリアほどではないものの、
十分といえる流通量ではなかった…というか、
新宿ピカデリーにのみ販売数が極端に偏ったが為に、
地方の劇場では数えるほどしか入荷しないところも多々あった。

キットはHGUC No.100の成形色変更モデルなだけなので、
部品構成的には新規要素は全くない。
外装は無色透明だが、スリッパとバックパックは
ラメの入っていないクリアブルー成形となる。
組み合わされるサイコフレームの色によっては化ける…かもしれない。

余談だがEランナーのつや消しシルバーメッキは
メッキを落とした成形色が完全な無色透明となっている
為、
これを使えば好きな色のサイコフレームを作る事もできる。
ただAランナーの頭部だけはシルバーメタリック成形であり、
頭部の無色透明クリア成形は今なお実現していない。

2016年4月現在、劇場での販売以降
プレバン等も含めて一切再販はされていない。
posted by ろあの〜く。 at 00:00| 1号機ユニコーン