2199年02月12日

バリエーション全リスト。

ここではHGUCユニコーンガンダムの金型を用いた、
日本国内で流通する全てのバリエーションモデルを簡単に紹介しています。



【 HGUC 1/144 ユニコーンガンダム バリエーション全リスト 】


【 ユニコーンガンダム1号機 】
ユニコーンガンダム(デストロイモード)HGUC No.100
ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)HGUC No.101
ユニコーンガンダム(デストロイモード)NT-DパールクリアVer.
ユニコーンガンダム(D-MODE)ANAオリジナルカラーVer.
ユニコーンガンダム(デストロイモード)チタニウムフィニッシュVer.
ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)パールクリアVer.
ユニコーンガンダム(デストロイモード)グリーンフレームVer.
フルアーマーユニコーンガンダム(ユニコーンモード)HGUC No.156
ユニコーンガンダム(デストロイモード)グリーンフレームパールクリアVer.
フルアーマーユニコーンガンダム(ユニコーンモード)パールクリアVer.
フルアーマーユニコーンガンダム(デストロイモード)HGUC No.178
ユニコーンガンダム(デストロイモード)メモリアルクリアVer.
ユニコーンガンダム(デストロイモード)セブンイレブンカラーVer.
ユニコーンガンダム(デストロイモード)メッキフレーム/メカニカルクリアVer.
フルアーマーユニコーンガンダム(ユニコーンモード)メモリアルクリアVer.
ユニコーンガンダム(デストロイモード)Ver.GFT
フルアーマーユニコーンガンダム(デストロイモード)レッドメッキフレーム/メカニカルクリアVer.
フルアーマーユニコーンガンダム(デストロイモード / レッドカラーVer.)HGUC No.199
ユニコーンガンダム(デストロイモード)+ヘッドディスプレイベース最終決戦Ver.

ユニコーンガンダム(デストロイモード)+ヘッドディスプレイベース Limited
ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)+ヘッドディスプレイベース Limited
ユニコーンガンダム(デストロイモード)+ヘッドディスプレイベース セブンイレブン限定版
ユニコーンガンダム(デストロイモード)Ver.GUNDAM docks at Hong Kong II


【 ユニコーンガンダム2号機バンシィ 】
バンシィ(デストロイモード)HGUC No.134
バンシィ(ユニコーンモード)HGUC No.135
バンシィ(デストロイモード)NT-DクリアVer.
バンシィ・ノルン(ユニコーンモード)HGUC No.153
バンシィ(ユニコーンモード)ダーククリアVer.
バンシィ・ノルン(ユニコーンモード)チタニウムフィニッシュVer.
バンシィ(デストロイモード)Ver.GFT
バンシィ・ノルン(デストロイモード)HGUC No.175
バンシィ・ノルン(デストロイモード)NT-DクリアVer.
バンシィ(デストロイモード)メモリアルクリアVer.
バンシィ・ノルン(デストロイモード)Ver.GFT
バンシィ・ノルン(デストロイモード)グリーンフレームチタニウムフィニッシュVer.


【 ユニコーンガンダム3号機フェネクス 】
フェネクス(デストロイモード)Ver.GFT
フェネクス(デストロイモード)Ver.GFT リミテッドゴールドコーティング
フェネクス(デストロイモード)Ver.GFT カラークリアVer.
フェネクスtype.RC(デストロイモード)Ver.GFT SILVER
フェネクスtype.RC(デストロイモード)Ver.GFT リミテッドシルバーコーティング
フェネクス(ユニコーンモード) ゴールドコーティングVer.
フェネクスtype.RC(ユニコーンモード) シルバーコーティングVer.

フェネクス(デストロイモード)Ver.GFT リミテッドゴールド&シルバーコーティングセット



↓ 海外限定販売モデル ↓



ユニコーンガンダム(デストロイモード)+ヘッドディスプレイベース

2012年2月頃に海外で期間限定で販売されたモデル。
商品構成としては国内販売のHGUC No.100通常版に
書籍付録だったヘッドディスプレイベースを追加したもの。
それぞれ成形色も特に変更されていないし、
ポリキャップやシール類も通常版と同じとなる。
日本国内で販売されたという記録は無い。



ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)+ヘッドディスプレイベース

2012年7月頃に海外で期間限定で販売されたモデル。
商品構成としては国内販売のHGUC No.101通常版に
書籍付録だったヘッドディスプレイベースを追加したもの。
それぞれ成形色も特に変更されていないし、
ポリキャップやシール類も通常版と同じとなる。
日本国内で販売されたという記録は無い。



ユニコーンガンダム(デストロイモード)+ヘッドディスプレイベース
   セブンイレブン限定版


2012年頃に香港のセブンイレブンにて期間限定で
販売されたとされるモデル。
当時商品として存在していた事は確認したものの、
その頃はまだユニコーンガンダムのコレクションを
始める前だった為、現在は確認できる資料が無い。

商品構成としては国内販売のHGUC No.100
デストロイモード通常版に、かつて書籍付録にあった
1/48スケールヘッドディスプレイベースを追加し、
セブンイレブンのロゴマークを一部に貼っただけで、
成形色等は特に変更されていない模様。

当然、日本国内で販売されたという記録は無い。
画像は唯一手元に残っていた資料だが、
これが商品画像だという確証はどこにも無い。
シールドに付いている顔のようなマークが
何かもわかっていない。
※この商品に関する資料をお持ちの方が居ましたら、是非ご提供をお願いしたい※
ユニコーンガンダム(デストロイモード)
  Ver.GUNDAM docks at Hong Kong II


2015年8月に香港タイムズスクエアにて開催された
イベント「Gundam Docks at Hong Kong II」の
会場限定ガンプラのひとつ。
キットはHGUC No.100デストロイモード通常版に
イベントロゴをあしらった専用マーキングシールと
ディスプレイベースを追加したもの。
ユニコーンガンダム本体の成形色は元より、
ポリキャップやセンサー等のシール類も
通常版のものと変わらない。
マーキングシールは残念ながら形状的に
ユニコーンモードには対応していない。
付属するディスプレイベースは汎用品で、
シールを貼らなければ特に何も印刷も刻印も無く、
ガンプラ以外のバンダイのプラモデルでも
幅広く使用されているBA9というタイプ。



↓ 日本国内販売モデル ↓



HGUC No.100 ユニコーンガンダム(デストロイモード)

unicorn001a.jpgHGUCユニコーンガンダムの記念すべき第1弾。
サイコフレームは先に発売されたMG Ver.Kaと同様の
クリアレッド成形で、後のフェネクスtypeRCとも同色。
プロポーションと価格の為に変形機構をオミットした
デストロイモード固定スタイルとなる。
価格を抑える為オプションパーツをユニコーンモードと
二分しており、フル装備ユニコーンガンダムにするには
両方買わなければならない。



HGUC No.101 ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)

unicorn002a.jpgデストロイモードには付属していないバズーカや
左右の平手、ビームサーベル刃等はこちらに付属している。
オプションはこちらの方が多いがサイコフレームが無い為
価格はこちらの方が安い。



ユニコーンガンダム(デストロイモード)NT-DパールクリアVer.

unicorn003a.jpgep2の劇場公開時に初めて劇場で販売されたガンプラ。
外装は乳白色のパールクリア成形で、
サイコフレーム部はラメ入りクリアピンク。
パーツ構成は通常版と全く同じ。



ユニコーンガンダム(D-MODE)ANAオリジナルカラーVer.

unicorn004a.jpgサイコフレーム以外の全てのプラパーツに
カラーメッキが施されており、
ANA専用色のサイコフレームと合わせて、
その美しさは他の追随を許さない。
ANAの国内線指定便に搭乗した際にのみ配布される
申込みハガキでのみ注文が可能だった。
発売直後の震災の影響により流通量が極めて少なく
プレミア価格が付いている。



ユニコーンガンダム(デストロイモード)チタニウムフィニッシュVer.

unicorn005a.jpg白い外装部分がホワイトカラーメッキになっていて、
その他のプラパーツは全てメタリック成形で質感が高い。
サイコフレームは曇ったクリアピンクで、
通常版やパールクリアの赤系サイコフレーム3種は
赤味の色合いが全て異なっている。



ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)パールクリアVer.

unicorn006a.jpgデストロイモードのパールクリアが
プレミアムバンダイで再販される際に
新規商品として一緒にラインナップされた。
部品構成的にはユニコーンモード通常版と完全に同じで、
成形色も全てデストロイモードのパールクリアに準じている。



HGUC No.134 ユニコーンガンダム2号機バンシィ
  (デストロイモード)


unicorn007a.jpg外装は黒ではなく紺色でサイコフレームは
紺色の外装に負けないようにクリアパーツではなく
オレンジメタリック成形となっている。
アームドアーマーは2種ともに展開状態で固定。
新規部品が多いにも関わらず、1号機デストロイモードと
同じ価格なのでお買い得。



HGUC No.135 ユニコーンガンダム2号機バンシィ
  (ユニコーンモード)


unicorn008a.jpg成形色関係は全てデストロイモードに準じている。
アームドアーマーBSとVNは格納状態専用なので、
やっぱり一切動かない。



ユニコーンガンダム2号機バンシィ(デストロイモード)
  NT-DクリアVer.


unicorn009a.jpg2012年のepisode5公開時の劇場限定ガンプラ。
パーツ構成的にはNo.134バンシィDM通常版と同じで、
紺色の外装がクリアダークブルー、
スリッパとバックパックがクリアパープル、
関節部がゴールドパールクリア、
武装がシルバーメタリック成形になっている。





ユニコーンガンダム(デストロイモード)グリーンフレームVer.

unicorn010a.jpgHGUCにて初めて商品化されたグリーンのサイコフレーム。
その成形色はMGフルアーマーユニコーンVer.Kaや
MG小説版バンシィVer.Ka最終決戦仕様と同じで
濃い目のクリアブルーグリーン成形となっており
ブラックライトに反応するところも同じ。
グロスインジェクション成形の外装はとてもキレイで、
素組みでも満足度は高い。



HGUC No.153 ユニコーンガンダム2号機バンシィ・ノルン
  (ユニコーンモード)


unicorn011a.jpgアームドアーマーXCとDEはどちらも格納状態固定。
基本的なパーツ構成はHGUC No.135バンシィUMの
アームドアーマーを差し替えたものだが、
小説版とのコンパチはできなくなっている。
右の平手も無くなった。
劇中では一切使用していないアームドアーマーVNが
半可動式となってなぜか付属している。



ユニコーンガンダム2号機バンシィ(ユニコーンモード)
  ダーククリアVer.


unicorn012a.jpg劇場限定バンシィNT-Dクリアのプレバン再販の際
同時に新規ラインナップされた。
パーツ構成はユニコーンモード通常版と全く同じで、
成形色は全て同デストロイモードに準じており、
新規要素は特に無い。



HGUC No.156 フルアーマーユニコーンガンダム
  (ユニコーンモード)


unicorn013a.jpgフルアーマーオプションは基本的に同デストロイモードと
共通のものであり、違いは両腕のシールドのみ。
シールドファンネル展示用台座等は付属しない。



ユニコーンガンダム(デストロイモード)
  グリーンフレームパールクリアVer.


unicorn014a.jpgepisode6公開を記念して開催されたキャンペーンの景品。
基本的にはNT-Dパールクリアのサイコフレームが
ブルーグリーンになったものだが、スリッパ等は
ラメ入りクリアブルーではなくNo.100通常版の紺色。



ユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)Ver.GFT

unicorn015a.jpg専用形状の頭部アンテナとアームドアーマーDE2基が
新規パーツとして追加されている。
外装の成形色は金色ではなくイエローパールクリア、
つまり全身クリアパーツとなっている。
サイコフレームはクリアブルー成形で、
ANAカラーのクリアスカイブルーより色が濃い。



ユニコーンガンダム2号機バンシィ・ノルン(ユニコーンモード)
  チタニウムフィニッシュVer.


unicorn016a.jpg基本的にはバンシィ・ノルンUMのカラーメッキ仕様なので、
部品構成も特に変更はない。
つや消しゴールドメッキのアンテナと襟周りが
とても美しくカッコ良い為、満足度が高い。



ユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)Ver.GFT
  リミテッドゴールドコーティング


unicorn017a.jpgフェネクスDM Ver.GFTの外装を金メッキにしたもの。
パーツ構成はフェネクス通常版と全く同じ。
関節部や武装、サイコフレーム等その他のパーツは
通常版と全く同じ成形色となる。



フルアーマーユニコーンガンダム(ユニコーンモード)
  パールクリアVer.


unicorn018a.jpgep7の前売券とセットになった特別前売券第1弾。
フルコーンUM通常版と部品構成は全く同じで、
成形色も全て過去のパールクリアVer.に準じており、
このキットのみの特別な要素は特に無い。



バンシィ(デストロイモード)Ver.GFT

unicorn019a.jpg3号機フェネクスと共にガンダムフロント東京の
DOME-Gシアターに登場したバンシィ0095Ver.。
部品構成的にはHGUC No.134バンシィDM通常版に
左銃持ち手を追加しただけである。
成形色も基本的に同じで、金色部分のみ通常版と異なる。
サイコフレームの成形色はフェネクスの外装色とお全く同じ。



HGUC No.175 バンシィ・ノルン(デストロイモード)

unicorn020a.jpg基本的な成形色は以前のバンシィ通常版と同じだが、
サイコフレームがクリアイエロー成形となった。
バックパックのサーベルホルダーと頭部アンテナが
固定できない設計不良がある。



HGUC No.178 フルアーマーユニコーンガンダム
  (デストロイモード)


unicorn021a.jpgグリーンフレームが初めて一般販売となったキット。
フルアーマーの豊富な武装に加えて
更にシールドファンネル用のシールドと台座も付属。
ユニコーンモードにあった通常バズーカは付属しないが、
ビームサーベル刃は2本付属している。



ユニコーンガンダム(デストロイモード)メモリアルクリアVer.

unicorn022a.jpg「ガンプラHGUC×機動戦士ガンダムUC
 プレイバックキャンペーン」の
6種類の景品のうちの第1弾。
パーツ構成的にはHGUC No.100ユニコーンDM通常版と
同じだが、全てのプラパーツがラメ入りクリア成形と
なっているのが特徴。



ユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)Ver.GFT
  カラークリアVer.


unicorn023a.jpgガンダムフロント東京の開業2周年を記念した
メモリアルアイテムとして発売された。
キットはフェネクスDM通常版の
サイコフレーム以外の成形色を変更したもので、
金色の外装はラメ入りクリアイエロー成形となる。



ユニコーンガンダム(デストロイモード)セブンイレブンカラー

unicorn024a.jpgOVAガンダムUCの完結編公開を記念した
コラボキャンペーンアイテム。
過去に例を見ないほど明るく美しく強く発色する
蛍光クリアグリーンのサイコフレームは、
バンシィ覚醒仕様の再現用に流用される事が多い。
セブンイレブンオリジナルマーキングシールは、
実はユニコーンモードにも対応している為、
1号機UM通常版と組み合わせれば無加工で
セブンカラーのユニコーンモードを作る事ができる。



バンシィ・ノルン(デストロイモード)NT-DクリアVer.

unicorn025a.jpgep7の週替り劇場限定ガンプラのうちの第1弾。
ep7前夜祭のセットパッケージ及び
公開初週の劇場限定販売として発売された。
ep5のバンシィNT-Dクリアと金色以外の成形色は
基本的に同じとなっている。
アンテナやサーベルホルダー等の問題点も
変わらずそのまま残っている。



ユニコーンガンダム(デストロイモード)
  メッキフレーム/メカニカルクリアVer.


unicorn026a.jpgep7の週替り劇場限定ガンプラのうちの第3弾。
サイコフレームがつや消しシルバーメッキとり、
無色透明の外装と組み合わされている。
HGUC No.100の成形色変更モデルなだけなので、
部品構成的には新規要素は全くない。



ユニコーンガンダム2号機バンシィ(デストロイモード)
  メモリアルクリアVer.


unicorn027a.jpg「ガンプラHGUC×機動戦士ガンダムUC
 プレイバックキャンペーン」の
6種類の景品のうちの第5弾。
全てのプラパーツがラメ入りクリア成形となる。
パーツ構成はHGUC No.134バンシィ通常版と同じ。



フルアーマーユニコーンガンダム(ユニコーンモード)
  メモリアルクリアVer.


unicorn028a.jpg「ガンプラHGUC×機動戦士ガンダムUC
 プレイバックキャンペーン」の
6種類の景品のうちの第6弾、最後の一つ。
パーツ構成はフルアーマーのユニコーンモードと同じ。



ユニコーンガンダム(デストロイモード)Ver.GFT
バンシィ・ノルン(デストロイモード)Ver.GFT

unicorn031a.jpgガンダムフロント東京のドームシアターDOME-Gの
「ネオ・ジオングお台場に現わる」に登場する
ユニコーン1号機及びバンシィ・ノルンを再現。
HGUCユニコーンガンダム初の2体セット販売となる為、
片方のみの購入はできない。
2機共通のサイコフレームはラメ入りの
明るいクリアグリーン成形となり、
その他の全てのパーツもメタリック成形となる。



バンシィ・ノルン(デストロイモード)
  グリーンフレームチタニウムフィニッシュVer.


unicorn031a.jpgカラーリングはバンシィ・ノルンUMチタニウムフィニッシュと基本的に同じ。
サイコフレームはフルアーマーユニコーンDMと
同じクリアブルーグリーン成形。
通常版とパーツ構成は変わらない。



フルアーマーユニコーンガンダム(デストロイモード)
  レッドメッキフレーム/メカニカルクリアVer.


red2.jpgガンプラEXPO2014会場販売アイテム。
EXPO2014での初登場アイテムでありながら
「ガンプラEXPO2014限定」扱いではない為、
会場で売り切れた場合でも、
通販対応は行われなった。
ガンプラEXPOジャパンツアー2015の各会場でも
販売されている。



ユニコーンガンダム3号機フェネクス type RC
  (デストロイモード)ver.GFT SILVER


blog1132_001.jpgガンダムフロント東京3周年記念アイテム。
GFT3周年リニューアルに合わせて公開された
実物大ガンダムの新しい壁面映像作品
「Gのレコンギスタ FROM THE PAST TO THE FUTURE」
に登場する黒いフェネクス「G-フェネクス」のキット。
パーツ構成は通常のフェネクスと同じだが
外装がガンメタリック、サイコフレームが
クリアレッドで成形されている。



ユニコーンガンダム3号機フェネクス type RC
  (デストロイモード)ver.GFT リミテッドシルバーコーティング


unicorn034.jpgガンダムフロント東京3周年記念アイテムの
黒いフェネクス「typeRC」のメッキバージョン。
パーツ構成は通常のフェネクスtypeRCと同じだが
外装がクロームシルバーメッキになっている。
サイコフレームやその他は全てtypeRCと同じ。
typeRCに付属するマーキングシールも付属する。
リミテッドゴールドコーティングと同様に数量限定販売で、
typeRCが登場する実物大ガンダムの壁面映像を収録した
Blu-ray Discとのセットパッケージの為高額商品となった。



HGUC No.199 フルアーマーユニコーンガンダム
   (デストロイモード / レッドカラーver.)


unicorn035c.jpg2016年4月からのUC再編集TV放送に合わせた商品で、
HGUC No.178フルアーマーユニコーンガンダムDMの
サイコフレームを蛍光クリアレッド成形に変更したモデル。
雑誌付録やお台場セットに付属するものと同じ
ハイパービームジャベリンと、カトキハジメ氏による
TV版OP用新規デザインのマーキングシールが付属となる。
このキットが初出の完全新規パーツこそ無いが、
サイコフレームがブラックライトに強く反応するほか、
ほとんどの成形色が新規採用色となっていたりする。




HGUC ユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)
  リミテッドゴールド&シルバーコーティングセット


2013年に数量限定で販売された金メッキフェネクスと
2015年に数量限定で販売された銀メッキフェネクスが
2体セットで再販されたもの。
当時はどちらも再販しないと謳っていた為
商品構成を変えて2体セットで来た。
キットは金銀どちらも以前のものと全く同じ。
2体分のランナーを一箱に収めるパッケージと
2体分をひとつにまとめた組立説明書だけが新規。




HGUC ユニコーンガンダム(デストロイモード)
   +ヘッドディスプレイベース 最終決戦Ver.


2016年8月に開催されるガンダム・ジ・オリジン展で
先行販売されたイベント限定ガンプラで、
その後も各地のイベントで販売予定がある。
HGUC No.100ユニコーンガンダムDMの成形色を
変更し、雑誌付録だった1/48ユニコーンガンダム
ヘッドディスプレイベースをセットにしたもの。
外装は緑味を帯びたパールホワイトで、
明るいグリーンフレームと組み合わせている。
ヘッドディスプレイベースも同じ成形色となる。




HGUC ユニコーンガンダム3号機フェネクス
    (ユニコーンモード)ゴールドコーティングVer.


phenex06.jpg長らく商品化されなかったフェネクスのユニコーンモードが
ガンプラEXPO2016冬のイベント会場限定ガンプラとして
唐突に、しかもなぜか最初に金メッキ版が発売された。

通常成形色版も未発売なままだし、
ガンダムフロント東京での専売商品でもない。

販売方法が”イベント限定ガンプラ”なので、
これ以降に全国で開催されるガンダム関連イベントの
会場で販売される事もあると思われる。

typeRCや銀メッキ版も同じ仕様で
いつか販売されるかもしれない。
→typeRCの銀メッキ版がプレバン限定ガンプラとして1月発売!

HGUCフェネクスとしては初のGFT専売ではない商品。



HGUC ユニコーンガンダム3号機フェネクスtypeRC
     (ユニコーンモード)シルバーコーティングVer.


blog1351_06.jpg blog1351_07.jpg
ガンプラEXPO2016冬のイベント会場限定ガンプラとして発売された
HGUCフェネクス(ユニコーンモード)の金メッキ版に続き、
HGUCフェネクスtypeRC(ユニコーンモード)の銀メッキ版も
プレバン限定ガンプラとしての発売が発表された。

通常成形色版も未発売なままだし、
ガンダムフロント東京での専売商品でもない。

販売方法が金メッキ版が”イベント限定ガンプラ”なのに対し、
typeRCの銀メッキ版が”プレバン限定ガンプラ”というのも意味不明。

デストロイモードのメッキ版も再販しないと宣言していたのに
後に金銀2体セットで再販(商品構成が違うから再販扱いではないという事らしい)、
やっとユニコーンモードが出ると思ったらメッキ版だけが先行し、
イベント限定ガンプラとプレバン限定ガンプラにわかれる不思議。

MGフェネクスも金メッキ版だけが一般販売になっているし、
せっかくのGFTオリジナルMSだというのに、それを生かさないのは残念でならない。
posted by ろあの〜く。 at 00:00| 全商品リスト